頭頂部 薄い

夏は頭には特にダメージが多い季節です。そんな時期に気をつけたい対策を紹介します。

頭頂部 薄い > 夏は特に気をつけたい頭頂部の薄毛対策

夏は頭には特にダメージが多い季節です。そんな時期に気をつけたい対策を紹介します。

夏は頭頂部の薄毛にとって危険?

夏は頭頂部の薄毛にとって非常に深刻です。
というのも夏は紫外線が強いので、髪にも強いダメージを与えてしまいます。
実は髪の毛は他の体の部分の3倍もの紫外線をうけると言われています。
より気をつけなくてはならない部分なんです。

では紫外線を受けるとどういった影響があるのかをお伝えします。
まず頭皮が炎症をおこしてしまい、フケが多くなったり、乾燥したりと正常な髪の生成サイクルが狂ってしまいます。
最悪の場合、日焼けをした毛穴から髪が生えなくなる可能性もあります。
また髪があればまだそれが頭皮を守ってくれますが、薄くなっているとより紫外線がダイレクトにくるのでより細やかなケアが大事です。

そして髪自体も紫外線の影響を受けます。
髪が紫外線を受けると、キューティクルが傷つき髪自体が細くなります。
細くなると髪の密度が低くなり髪全体が薄くなったように見えます。
本数自体は変わってなくても髪質がわかると印象の変わってしまうのでなるべく髪も紫外線からのダメージは受けないようにしたいですね。

簡単にできるのは帽子

一番手軽に髪を紫外線から守れるのは帽子ではないでしょうか。
これならかぶるだけで、髪の毛も頭皮も紫外線から守れます。
帽子をかぶるとその中が蒸れてしまって頭皮にとってより悪いのではないかと思うかたもいますが
紫外線と帽子の蒸れを比較すると圧倒的に紫外線のほうが悪いです。
帽子についても1日中かぶりっぱなしだと若干衛生面に問題がありますが、2時間に1回くらい脱いであげれば全然ましです。
また育毛とは関係ないですが、夏はどうしてもファッションがシンプルになりがちなので帽子をかぶることでちょっとオシャレにみえます☆

帽子の選び方とかぶり方

「帽子なんて似合わない!」とお思いの方もいるかもしれません。
確かにずべての帽子が似合う人はモデルさんくらいしかいないと思います。(モデルさんでも敬遠するものはあると思いますが。)
しかし、すべての帽子が似合わないといことはありません。
ポイントは帽子の選び方とかぶり方です。
まず選ぶべき帽子としては、形・色ともにシンプルなものです。白・黒といった単色のものがいいです。
オシャレな方であれば派手な帽子もいいと思いますが、普段かぶり慣れていない方であれば極力シンプルなものがいいです。
こういったものであれば1000円くらいで買えちゃいます。私も1200円の帽子をよく被ってます。

そしてかぶり方のポイントは浅めにかぶること。
帽子をこれは実際に被って比較してもらうのが一番分かりやすいんですが浅くかぶることでオシャレに見えます。
そして深くかぶるとなんだか決まらない印象になります。
これは実際に試してもらうのが一番です。

あともう1つ気をつけたいのが帽子のケアです。
夏に帽子をかぶるとなるとかなり汗をかきます。帽子も汗を吸うと菌が増えて不衛生になります。
帽子も頻繁に洗濯するようにしましょう。洗濯ができない麦わら帽子などであれば除菌スプレーなどで最低限のケアをしましょう。

面倒だけど日焼け止め

帽子も煩わしい!という方であれば日焼け対策の定番の日焼け止めがいいでしょう。
最近では塗るタイプ以外にスプレータイプのものもあります。
こういったものであれば髪・頭皮につけられるので簡単に使えます。
ただし、日焼け止めの効果は2時間くらいで切れてしまうので日焼け止めは携帯しておきましょう。
また最新の日焼け止めで外からつけるタイプではなく、飲むタイプの日焼け止めもでています。
これは服用してから30分後から効果がでて2時間ほど持続するタイプのものが一般的です。
飲むタイプのものであれば、頭皮だけではなく、全身に効果があるので手や首もケアできます。
ただし、髪の毛には効果がないのでそこは注意が必要です。