頭頂部 薄い

あなたが毎日やっているシャンプーが間違っている可能性があります。ここでは正しい頭頂部の薄毛に効果的なシャンプーの仕方を紹介します。

頭頂部 薄い > 頭頂部の薄毛に効くシャンプーの仕方

あなたが毎日やっているシャンプーが間違っている可能性があります。ここでは正しい頭頂部の薄毛に効果的なシャンプーの仕方を紹介します。

こんなシャンプーしてませんか?

私たちが普段やっているシャンプーには実は当たり前だと思ったり、いいと思ったりしていても間違っているシャンプーがあります。

実際私も薄毛が気になりだして色々調べてこの事実を知った時はかなり衝撃でした。

よくありがちな間違いが2つあります。

シャンプーと聞くと、ついつい髪を洗うものかと思いがちですが、実際は頭皮を洗うものです。

これはシャンプーのCMが髪のツヤやコシ、指通りやさっぱり感を売りにしたものが多いからだと思います。

最近はスカルプシャンプーというジャンルのものが色々でてきていますが、
スカルプとは「頭皮」という意味です。

本来すべてのシャンプーがスカルプシャンプーであるべきなのに、実際は髪に重きをおかれたものが多かったんですね。


そしてもう1つの間違いが、指の腹で洗うということ。

「爪を立てずに腹で洗いましょう!」というのはよくありますが、指の腹もNGなんです。

正しいシャンプーは「指の頭を使って頭皮をマッサージする」ということです。

指の腹でゴシゴシしてしまうと、その摩擦によって生えたての毛が抜けてしまったり
頭皮が傷ついてしまったりするケースがあるんです。

なので指の頭を頭皮に固定して頭皮自体を動かして毛穴の奥の汚れや脂を落としていくんです。

正しいシャンプーのやり方

シャンプー剤を使ってのシャンプーは上記に書いたようにマッサージするようにやりますが
その前に2つやりたいことがあります。

まず1つ目がブラッシングです。

シャンプーの前にブラッシングをすることで大きめの埃やゴミをおとし、シャンプーの泡立ちが良くなるようにします。

その際は毛先のほうからやることで、頭皮に余計なダメージを与えることなくできます。

次がお湯での予洗いです。

お湯で何度か洗い流すことで、髪の汚れを7割は落とすことができます。

軽くすすぐ程度だけで大丈夫です。

もし毎日ワックスや整髪料をガッツリつけている場合は、なかなか泡立たない可能性があるので
ホホバオイルなど髪にいいオイルを使って髪になじませてながすことでワックスも落ちます。

ここでようやく、シャンプー剤を使って洗っていきます。

指は固定で、リンパの流れに沿うように、つむじの生え際から耳の方、側頭部から頭頂部、前頭部から頭頂部
次に生え際やつむじ、最後に後頭部という流れでマッサージしていきます。

具体的な流れは画像や動画で見たほうが良いと思うのでオススメの資料を紹介します。

『板羽忠則』という方がこのシャンプーについてDVDや書籍をだしています。

ここに詳細な画像や映像が載っているので詳しく見たい方はそれを参考にしてみてください。

シャンプーの選び方

以前は育毛シャンプーと言われていても、実際は生える成分など一切ないものでしたが
昨年くらいから本当に育毛効果があるシャンプーも発売されてきました。

具体的に言うと以下の2つの成分がそれにあたります。

「ケトコナゾール」「キャピキシル」

これには両方共育毛効果が認められているので、シャンプーしながら育毛ができます。

価格と成分比率の配合を考えるとキャピキシルが配合されている「haru黒髪プロ・スカルプ」というのがいいです。

定期的に購入するコースであれば2ヶ月で3000円くらいですみます。
(私が短髪だからということはあるかもです。)

私も使ってます。